楽歩人(らくほーじん)sakata 奈良の田舎の「不思議?靴屋」の「幸せになれる?靴」 

楽歩人のブログ
<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
3月26日 発信箱 「ジョセフの疑問」。
d0135633_1753129.jpg


いつもの、毎日新聞。 正義の味方?

ロンドンで野村証券をノムラと言っても多分通じない。野村で働いていた日本人の友人は、タクシーの運転手さんに「ノミューラー(ミューを強調)」と直され、「何年住んだら英語の発音がちゃんとなるの」と説教までされた。

 失礼な。でも、それだけノミューラーは地元で認知されているということだろう。

 そんな野村も、経営のグローバル化はこれから、と思わせる出来事が最近あった。野村ホールディングスの最高意思決定機関である経営会議にインド生まれのインド育ちで旧リーマン・ブラザーズ出身のジャスジット・バタールさんが加わる人事である。

 海外メディアは「日本人以外は初」をやたら強調した。だって、今のメンバー10人は全員日本人。リーマンのヨーロッパやアジア部門を買収し、いろんな国の人たちが大勢働いている野村も、大事なことは東京の日本人だけで決めている、と見られてきたから。

 トヨタの問題が大きくなったのも、「作る」「売る」は地球規模、「決める」は愛知、だったことと無縁じゃない。経営体制強化のため、副社長を1人増やすというけれど、29人全員が日本人の取締役会から専務が副社長に昇進、という人事だ。そこで一句。

 「なぜ猫はタマなんですかと聞くジョセフ」。毎日新聞・仲畑流万能川柳(19日掲載)から拝借した東京・んみゃーちさんの作品。猫といえばタマ。理由は知らなくても日本人同士だと聞かない。それを外国人のジョセフは聞く。つき合うのは大変だけどそこがポイントだ。仲間内ではありっこない疑問や発想が日本企業を強くしてくれるはず。

 ジョセフの声をいかせるかな、野村。ジョセフを受け入れられる?トヨタ。

毎日新聞 2010年3月26日 0時07分


良いも 悪いも、極東?の 島国で、単一? 民族。 それが 「日本」。 
[PR]
by 05535 | 2010-03-26 17:51 | くっちゃ・なかじっきゃ・の話 | Comments(0)
およその所要時間です。

d0135633_17152144.jpg


JR桜井線  「奈良」>>>>>>>>>>> JR「桜井」      約30分

JR和歌山線 「王寺」>(高田乗換え)>>> JR桜井線「桜井」   約35分

近鉄橿原線 「西大寺」>(八木乗換え)>> 近鉄大阪線「桜井」 急行 約40分

近鉄奈良線 「なんば」>(鶴橋乗換え)>> 近鉄大阪線「桜井」 急行 約50分

近鉄大阪線 「名張」>>>>>>>>>>> 近鉄大阪線「桜井」 急行 約30分 

 
[PR]
by 05535 | 2010-03-22 17:00 | ☆電車でお越しの方はこちら | Comments(0)
3月19日 毎日新聞 一面。 (余禄)より
d0135633_1773386.jpg

有痛性踵骨棘(ゆうつうせい しょうこつきょく)と言います。

>「特に深刻な病気では無いらしい」。
放置すると さらに痛みが「キツク」なり、歩くのが「イヤ」になります。

新聞記者さんは、「足で稼ぐ?」(記事を書く?)

消耗品の 靴をケチると、(Q・O・L)生活の質が 低下しますよ。

(記事の質も・・?)

お大事に・・・。

 両足のかかとが痛くて歩くのがつらい。整形外科を受診したら、あちこちX線写真を撮られて不安になったが、診察室に戻るとお医者さんが明るい声で「湿布薬出しときますね」。とくに深刻な病気ではないらしい▲少し拍子抜けしたが、かかとの骨の一部がとがって痛みを生むのだという。骨棘(こっきょく)というのか加齢や肥満も原因らしい。確かに、まじまじとX線写真を見ると、白くとがった部分がある。野放図な中年太りを支えてきた足の骨が「いいかげんにしろ」とむき出した牙のようにも思えてくる▲陶芸家の河井寛次郎は「二つならべて 足のうらにも 月を見させる/ 背中にも 月を見させて帰る」という章句を残した(「火の誓い」講談社)。日ごろ目立たぬ足裏や背中の恩を忘れるなということだろう。妻のあかぎれだらけの足に手を合わせる気持ちが大切と説く法話もある▲足裏が大事なことはわかったが、今さら感謝しても痛みは消えない。きっと同病の人は多いのだろう。医者は「靴の中敷きなどの工夫を」と気軽に言うが、痛みを和らげるのは難しく、痛みをこらえて真っすぐ歩くのも大変だ▲人間も国家も同じだろう。03年3月20日の米軍のイラク侵攻から明日で7年。連邦議会選挙(7日投票)はまだ開票が終わらない。マリキ首相の「法治国家連合」とアラウィ元首相の「イラク国民運動」が競り合い、情勢は混とんとしている▲宗派対立などを超えて自立できるかどうか。米軍撤退の行方もかかった選挙だが、イラクの歩みが遅いとは言うまい。小さな骨のトゲも強い痛みを生む。まして数万とも数十万ともされる同胞を戦火で失った国の痛みを思えば。

【関連記事】


お気の毒ですが、せめて? 労災認定? 必要経費認定?を・・・。
[PR]
by 05535 | 2010-03-20 17:15 | くっちゃ・なかじっきゃ・の話 | Comments(0)
3月18日。毎日新聞です。
d0135633_17425664.jpg


毎度お世話になってます。 毎日新聞です。長文ですが、鋭い意見。

 日本経済の衰退は日本の港の陥没と重ね合わせるのが至当だろう。国内総生産(GDP)は今年四十余年ぶりに3位に陥落しそうだ。68年にドイツ(当時西ドイツ)を抜いたのだが、今年中国にその座を譲るのは確実だ。いずれ韓国にも抜かれるだろうという豪州紙の論評を読んだ時その可能性は十分あると感じた。

 日本の港の衰微は15年前に始まった。世界コンテナ港湾10位以内だった神戸港は昨年は40位以下に劇的に陥落した事実が証明している。複式簿記の重要性を指摘した文豪ゲーテが言うように言葉ではなく数字のみが真実を伝えるのだ。

 長い間国際経済を見てきた記者として言うなら、まずリアルな日本を直視することである。小泉改革をしのぐ「新構造改革」に取り組む覚悟がなければ日本の再生とか国際競争力などという言葉を発することは俗論向けの自慰行為でしかないことが分かる。

 この国はバブル崩壊の後処理に没頭するあまりグローバル化に完全に乗り遅れた。正月の米経済紙は「日本は3度目の『失われた10年』を迎えようとしている」と論評し、独紙も日本経済の末期症状を反面教師として揶揄(やゆ)している。

 それなのに新政権は新自由主義の政治的なあら探しに夢中だ。それは過去の超長期政権へのアンチテーゼとしての役割しかなくいずれ理論的にはげ落ちる。実際に地球温暖化対策と高速道路無料化という理念と政策の矛盾は極致に達している。

 先日韓国の釜山港を取材してそれを痛切に感じた。前原誠司国土交通相のように日本にこれから国際ハブ港湾とか、ハブ空港と言うのはもはや時代錯誤の感すらする。それを言うのは20年も遅く、無駄な税金をばらまくことになりかねない。残念ながらこれら国際公共財は韓国に十分整備されつつある。日本の国益はこれをどう活用して国際物流の一端を担うかにある。

 せめて10年前ならまだその説得力はあった。だが当時のハブ港造りは進まなかった。その理由はコストが高く国際的に競争力のない日本国内の海運(内航海運)と近代的とはいい難い港運業者の既得権を守ろうと、政治家と地方自治体が結んで改革に石をぶつけ続けたからである。

 国家戦略として整備された釜山新港や光陽港で取材した韓国の港湾関係者は口々にこう語ったものだ。「日本を反面教師にした。地方港へのばらまきを抑えて戦略的な重要港湾に国が直轄で投資してきた成果だ」と。これは多分仁川空港にも当てはまるだろう。「選択と集中」を実行したのが韓国で、日本は「選挙と分配」という安易な道を選択したツケである。

 日本の港湾がアジアの三流にまで落ち込んだのは製造業の海外移転による経済の凋落(ちょうらく)にも一因があるとするのは言い逃れに過ぎない。ちょうど日航が経営破綻(はたん)したのは地方空港のネットワーク維持のために経営負担を強いられたと言い募るのと同じだ。あってもその要素は何十分の一ではないか。もしそうなら競合する純粋に民間資本で苦闘してきた全日空はもっと先に経営破綻していなければ勘定が合わない。放漫経営に1兆円規模の公的資金を投入するのでは事実上2社体制の航空業界で公平な市場原理は働かない。ナショナル・フラッグ・キャリアーの救済という情緒的な理屈に日本のつぎはぎ資本主義が垣間見えてくる。

 子ども手当と高速道無料、高校授業料無料、農家所得補償で日本は再生するか。国民にマネーを移転して経済成長させようとするのは一輪車に「分配」という重い政策を載せるようなものだ。いずれ自ら転倒するにちがいない。

 ミッテラン社会党時代のフランスがこれに似ていた。80年代の世界的な民営化の潮流に背を向け、銀行の再国営化とばらまきを公約して選挙に勝った。だが子供の数は少し増えたが経済力は縮小し大国の地位は揺らいだ。

 もちろん経済規模だけで国の豊かさを見るという時代ではない。経済だけでなく、文化の繁栄、社会の安定、国民の安心、人権の尊重を総合的に測る時代だ。それを数字で示そうとしたのが「国家ブランド」という考え方である。ブランド力調査「アンホルト・GMI」(09年)によると、幸いまだ日本は欧米先進国に交じって5位までのランクを死守している。隣国のアジアでは経済的な爆走を続ける中国は22位、韓国は31位だ。

 日本は過去の遺産で生きているがもし経済改革にこれ以上ブレーキをかければG5から転がり落ちるのは確実だ。

 ノーベル賞経済学者ハイエク「隷属への道」の一節「地獄への道は善意で舗装されている」をもじって言う。

 「分配の一輪車で地獄への道に進むな。改革を伴った成長との二輪車で繁栄の道を駆け抜けよ」と。(本社特別顧問、NPO総合政策研究会理事長)


お先真っ暗? 日本国は、何処へ行く?
[PR]
by 05535 | 2010-03-18 17:42 | くっちゃ・なかじっきゃ・の話 | Comments(1)
お忙しい方でも、これなら体験出来る?
d0135633_15481633.gif
d0135633_15484018.jpg

[PR]
by 05535 | 2010-03-16 15:49 | 約30分で無料体験可能です | Comments(0)
「押し売り」・「無理売り」する気は、一切 御座いません。 
d0135633_15435039.jpg

d0135633_15431162.gif


「ウォーキング靴」「オーダー中敷」の 専門店です。
[PR]
by 05535 | 2010-03-16 15:46 | <<<お知らせ>>> | Comments(0)
既成靴でも、色んなサイズを 揃えて居ります。
d0135633_15344692.gif
d0135633_1535041.gif
d0135633_15351135.gif

d0135633_1704038.gif


今、日本で一番信頼できるメーカーの、更に 選りすぐりの モデルのみを 品揃えして居ります。

貴方も一度、本当に自分の足に合ったサイズの靴を、体験してみませんか?

目から、ウロコ?

これからの「靴」人生が 変わるかも?
[PR]
by 05535 | 2010-03-16 15:40 | ⑤「足に本当に合った靴」の体験 | Comments(0)
脚・足に 関するお困りがあれば 是非 ご相談下さい。
d0135633_15281397.jpg



貴方の「足」・「脚」。さらに身体トラブルの、原因を 捜しましょう。 

d0135633_1773021.jpg
d0135633_1783739.jpg
d0135633_1792829.jpg

[PR]
by 05535 | 2010-03-16 15:30 | ④足・脚骨格の現状を説明し | Comments(0)
貴方の足裏の 形を、プリントします。 
d0135633_152076.jpg

d0135633_15202798.jpg


ご自分の 顔は、毎日?見て居られるでしょうが、足型は 初めて?見ると言う方が ほとんどです。

色んな 身体(足・脚)の 情報が、読み取れます。 
[PR]
by 05535 | 2010-03-16 15:23 | ②足裏のフット・プリントを採る | Comments(0)
正確な、左右の 足サイズの計測から 始めます。
d0135633_15145014.jpg


足の 長さだけで、靴を 選んで いませんか?

足には 誰にも、当然? 幅が 存在します。

足サイズ計測 専用の 道具で、正確に 測ります。
[PR]
by 05535 | 2010-03-16 15:18 | ①足の長さ・幅をミリ単位で計測 | Comments(0)


by 05535
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体

当店の地図と駐車場です。

℡0744-43-4192
☆毎週水曜日が定休日です。
月~土AM10~PM 6(受付)
日・祝AM10~PM 5(受付)

当店のホーム・ページ

<<<お知らせ>>>

☆ご予約優先
☆電車でお越しの方はこちら

<当店の無料体験コース>

①足の長さ・幅をミリ単位で計測
②足裏のフット・プリントを採る
③素足を拝見
④足・脚骨格の現状を説明し
状態により「中敷き」を作製
⑤「足に本当に合った靴」の体験
約30分で無料体験可能です
腰痛・ヒザ痛・外反母趾や
タコ・マメ・魚の目・巻き爪
変形性膝関節症・股関節症・等々
足・脚・膝・腰・身体のお困りは
フランス・シダス社の
オーダーメイド中敷で改善!
ご自分の足の正確なサイズや
現状(状態)を知っておく事は
将来、必ず貴方の人生において
プラスになります。
注射や薬に頼らない快適な生活!
足元からの老化防止・予防の為!
転ばぬ先の自己(事故?)防衛!
あなたの「歩行人生」を改善!
中敷の話
靴の話
足の話
歩く話
散歩の話
てくてくまっぷの話
イヤーラウンドコースの話
足のお悩みありませんか?の話
歩きたくなるみち500選の話
くっちゃ・なかじっきゃ・の話
「夢」の話
「笑い話」の話
「奈良で一番」の話
「奈良ブログ」の話
婦人服飾・雑貨の話1F chee*s
未分類
以前の記事
2018年 11月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
最新のコメント
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 12:50
伊勢街道の6、の中 の「..
by 小林敏則 at 10:42
小林敏則さま、こんにちは..
by 楽歩人です。 at 15:55
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧